私立小学校の学費平均は?国立・公立校との比較も解説

小学校受験を検討する時、気になる所はやはりこれからどれくらいの学費がかかるかではないでしょうか。
本記事では、私立小学校の年間の平均学費を公立小学校との比較を通して解説していきます。
私立小学校は入学以降に多額のお金がかかりますので、今後の志望校選びの参考にして下さい。

また、塾などの小学校受験にかかる費用相場も併せて解説しますので、気になる方はそちらもお読みください。

私立小学校の学費平均とその内訳

文部科学省が2019年12月に発表した『平成30年度子供の学費調査』に基づき私立小学校でかかる費用を見てみましょう。

区  分 小学校
公 立 私 立
学習費総額(年間平均) ¥321,281 ¥1,598,691
内訳 学校教育費(年間平均)
(学費・設備費など)
¥63,102 ¥904,164
学校給食費(年間平均)
(給食代金)
¥43,728 ¥47,638
学校外活動費(年間平均)
(塾・習い事など)
¥214,451 ¥646,889

(文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より)

ご覧のように私立小学校は公立小学校に比べて約5倍ほどのお金が必要になります。
東京都のように私立校への助成を行う自治体もありますが、一般的には、世帯年収が高いか、あるいは祖父母などの援助がある場合でないと、私立小学校へ通わせるのは容易ではないことがわかります。
長い期間かかる費用ですから、志望校を選ぶ際には慎重に検討するべき項目です。

東京エリア私立小学校の学費一覧はこちら

小学校受験にかかる費用

幼児教室、学習塾の月謝

幼児教室や学習塾の月平均はおおよそ月々10万円前後が相場です。
塾によっては、ペーパー、行動観察、体操、絵画、面接マナーなど専門分野に分かれて勉強を行うところがあり、多様性があります。

詳しくは【保存版】小学校受験の塾選びを徹底解説で解説しております。

夏季講習

受ける方と受けない方がいます。受けなければならないわけではありません。 数万円~15万円程度が相場です。

模擬試験

1回の模擬試験にかかる費用は1万円~1.5万円程度です。 受ける事により、お子様の全国平均や得意、不得意がわかります。
また、志望校に合わせた模擬試験を行うところもありますので、本番の練習として受けることもできます。

受験料

私立小学校の相場は、1校あたり2万円~3万円程度です。

その他

お子様のお受験服、靴、ご両親の紺スーツ、バックなどが必要となります。
洋服で合否が決まる訳ではありませんが、「郷に入れば郷に従え」で、あえて目立つ恰好は慎むべきです。

詳しくはお受験にふさわしい服装選びで解説しております。

国立校との比較

国立小学校は、「国立」とついているために「国」が運営していると思ってしまいがちですが、運営しているのは国立大学法人です。
そのため、国立小学校の年間の学費は20万円~30万円程度と、私立小学校ほどは高額にらないものの、公立小学校のように無料にはならないので注意が必要です。
しかし、国立小学校は大学側の教育研究機関としての側面があるため、最新の実験的カリキュラムを体験できることもあります。
公立小学校よりも高水準の教育が受けられながら、私立小学校よりも金銭面での負担が軽い点が特徴です。
ただし、首都圏の国立小学校は10校程度しか無く、さらに、通える地域があらかじめ決められているため、今お住まいの地域によっては引っ越しなども視野に入れなければなりません。

親の平均年収

年収1000万円は高収入の目安とされいます。「年収1000万あるから子供を私立小学校に通わせても大丈夫だろう」と安易に考えるご家庭も少なくないと思います。
総務省統計局の平成29年「家計調査報告」によりますと、世帯年収1,000万円世帯の可処分所得(月平均額)は約67万円です。
仮に1,000万円を月平均に換算すると約84万円になりますが、私立小学校の学習費総額の約160万円を月平均にすると約14万円で、月の収入の約16.7%を占める事となります。

この数字を目安にして、学校選びを行うと良いでしょう。
また、小学校入学はあくまで入り口です。教育費という視点に立てば、大学卒業までと考えると16年間の出費になります。
簡単に考えず家族できちんと計画することをおススメします。

まとめ

  • 私立小学校の学費平均は年間約160万円
  • 小学校受験にかかる費用は月間約10万円が相場
  • 教育費として大学までのトータル的な視点に立ってきちんと計画するのがおススメ

いかがでしたでしょうか?

私立小学校は大学文系学部と同程度かそれ以上の費用がかかることがわかります。
多くの人にとって決して安くはない費用ですので、子供が入学するときに慌てることがないように、きちんと計画をしておくことが大切です。

また、実証事業ながら私立小学校に通う子供のために補助金が国から出る制度もあります。
詳しくは私立小学校の補助金を徹底解説!対象者の条件がわかるで解説しております。